名品の時計ほど修理していつまでも使っていきたい製品

必要性の高さ

精密機器の宿命

ロレックスにオーバーホールが必要な理由は、精密機器としての宿命となる、細かな部品の集合体だから、という点に語り尽くされます。
デジタル時計ならいざしらず、ロレックスはいわゆるアナログ時計で、時を刻むために複雑な機構が採用されています。その機構が正常に動いてくれないことには、正しく時を刻むことも難しくなっていきます。
部品が正常に稼働するために必要な油が劣化して固化するようになり、正常な稼働ができなくなるという点からみても、なにもしないで放置することは避けたいところです。
ロレックスというブランドが付いているからといって、どんなに精巧で頑丈に作られていても、自然の摂理に勝つことはできません。
オーバーホールを行って、定期的に分解して洗浄と注油を施すだけでも、パーツの寿命が長くなります。
パーツの寿命が長くなるということは、結果的に修理交換を行うことなく完全な品質のままロレックスを使い続けることができる、ということでもあります。
オーバーホールを行うことが品質維持につながるということを考えれば、ロレックスを長く使っていくためにオーバーホールが必要になるのも頷ける話です。

劣化していく消耗品

ロレックスの内部は非常に精密なパーツの集合体で形成されていて、その部品は全て精巧な計算で組み合わされていて、少しのズレも許されません。
そのズレを回避するスムーズな動きを維持するための機械油も、ずっと同じものから変わることがなければ細かな汚れの蓄積などから劣化して、スムーズな動きを妨げるようになります。
もちろん、たったそれだけのことで壊れるほど軟弱な作りをしていないのがロレックスです。オーバーホールを怠って内部清掃をしなかったとしても、そう簡単に壊れるものではありません。
ですが、機械部分の動きが悪くなることは、細かな部品に負担をかけてしまいます。例えばギアの動きが悪くなれば必要以上の力をかける結果につながって、部品の摩耗を生み出す原因になります。
摩耗した部品はさらなる負担を周辺の部品にかけることから、どこかの部品が壊れる可能性も高まっていきます。
オーバーホールを怠ったロレックスの内部は、定期的にメンテナンスを行って新品の油を注油した製品と比較して、確実に見えないところで損傷が進んでいます。
それによって、いずれ致命的な問題が発生して、オーバーホールを行っていく以上の価格が必要な部品交換を迫られる可能性も出てきます。
また、部品交換ですまない損傷が知らず知らずのうちにロレックスの内部を蝕んでいることもあります。
定期的なメンテナンスを行うためにオーバーホールを行うほうが、間違いなく安心できます。劣化していく消耗品を定期的に交換すること、それこそがロレックスを長く使うために必要なことです。