名品の時計ほど修理していつまでも使っていきたい製品

ピックアップ

必要性の高さ

ロレックスはオーバーホールを必要とする精密機械です。きちんとしたメンテナンスを行って、然るべき部品交換や洗浄を行うこと、それがロレックスの寿命を長くするために必要です。

» readmore

価格が高くなるわけ

ロレックスのオーバーホールには、かなりの金額を用意しておく必要があります。手頃な価格の時計なら購入できてしまいそうな金額がかかることもありますが、それだけ高額なのには根拠のある理由があります。

» readmore

絶対にいつか壊れる

ロレックスをオーバーホールせずに使い続けると、たしかにある程度の時期までは何もしなくても平気なように見えます。ですが、ノーメンテナンスで使い続けることには、必ずいつか壊れるというリスクがついて回ります。

» readmore

良いものは長持ちする

いいものを使う心得

人間社会において様々な工業製品が開発されてきましたが、その中でも時計は群を抜いて一般的で、明らかに他の工業製品と比べて市民生活に溶け込んでいる部分が大きいです。
その理由として考えられるのは、時計は時間を測るという機能を持っているほか、アクセサリーとしての立場を取る他、精巧な細工が施されることもあって社会的ステータスの象徴となる部分もある、などの点です。
これらの点が時計という製品に存在する重要な意味として存在するため、単純に時間を知るための道具として所有するという目的から離れた所有欲も存在します。
その中で、いいものを使う心得は非常に大切です。
いい時計はそれだけで自分の格を高めてくれて、さらには長く使っていける飽きのこないデザインと、とてつもなく長い寿命の存在から、世代を超えて受け継がれる名品としての存在価値があります。

長持ちさせる工夫

いい時計を選択して身に付けること、そこには時計という製品にこだわることによる満足感と、自分を高めるための演出、そして、いつでも時間を知ることができる実用性などの意味を満たすことができます。
ですが、いい時計だからといっても、然るべき手入れを怠っては長持ちしません。いいものは長持ちするという言葉には、正しく手入れをした場合に限り本来の寿命を発揮するという続きがあるとも考えられます。
ですから、高級な時計は特にしっかりとした手入れを施すことが欠かせません。メンテナンスやオーバーホールを施すことで、適切な時を刻んでいくことができるようになります。

↑ PAGE TOP